万一に備えて、ハードウェアウォレットを!

LedgerNanoS

1月26日に大手仮想通貨取引所コインチェックから
580億円相当ものNEMが流出した事件は、
まだ記憶に新しいでしょう。

かくいう私も、アルトコインの取り扱いが日本で一番多い
ということで利用していて、被害にあった1人です。

今まで、仮想通貨の銀行のようなイメージで
信頼して預けたままにしていましたが、
このようなことが起きるリスクはゼロにはできません。

そこで、対策として有力なのが、

  • コールドウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウオレット

などです。

個別の詳細はここでは省きますが、
比較的手軽に利用できて分かりやすいのが
ハードウェアウォレットです。

ハードウェアのウォレットとは言っても、
仮想通貨そのものがウォレットに入る訳ではありません。

取引や残高などのデータはあくまでもブロックチェーン上に
あり、そこのアクセスするための秘密鍵を
インターネットとは切り離してハードウェア上に保存
することで、セキュリティを確保するのです。

そこでまた悪い輩がいて、登録した秘密鍵を盗み出すための
プログラムを入れたハードウェアウォレットを中古品、
時には新品として販売していることがあります。

ですから、見かけはどうあれ、使用前に必ず初期化
(何もデータやプログラムが入っていない状態にすること)
ができる製品を、正規のルートで入手するのが無難です。

定評があるのが、フランスのLedger社の「Ledger Nano S」等の
製品で、日本の正規代理店として「株式会社Earth ship」という
会社があります。

いずれ他にも出てくるとは思いますが、
現在一番信頼できるところと言えるでしょう。

ご購入、製品説明、説明動画等はコチラ

Ledger Nano S

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


加藤将太
関連情報
今、日本で(世界で?)一番分かりやすい仮想通貨教室

次世代起業家・経営者を育成する 加藤 将太氏が運営するブログがあるのですが、 仮想通貨を理解するには …